カードローンの返済方法について

カードローンを利用したことがないという方は、利用する機会があるかもしれないので、お金の返済方法について知って置いたほうが良いでしょう。返済方法で一番多いものとしては、分割払いとなります。分割払いはその名の通り分割してお支払する方法となります。10万円を10回払いにした場合は、毎月のお支払が1万円となり10ヶ月で返済することになります。この分割払いには、手数料が別にかかり、毎月のお支払と一緒に金利が支払われます。分割にして支払うことで金額を把握しやすくなるというメリットがあります。重複してカードを使った場合は毎月の返済額が増えてしまうため、使い過ぎには注意する必要があります。分割払いの次に知られている方法として、リボルビング払いという方法があります。リボルビング払いは毎月に支払う額が設定されていて、金利を含んだ決められた額を支払う方法となります。分割払いと違い、重複してカードを使用しても毎月の返済額は変わるということはありません。ただ、支払が伸びるので、支払う金利も増えてしまいます。毎月の返済が増えることがないので、どれだけ使ったか把握しづらく、気づいたときにはかなりお金を使っているというケースも多いようです。そのような事態にならないために、カードローンでどれだけお金を使ったかを把握しておくようにしましょう。

利用料金をインターネットでも確認できるところもあるので、不安という方はそちらでカードをつくるようにしたほうが良いでしょう。分割払い、リボルビング払いの他にも方法はあり、元利均等払いと元金均等払いという方法もあります。元利均等払いは住宅ローンで多い方法となり、毎月に金利と元金を合わせた一定額を支払うことになります。長期的に支払う場合には計画的に支払えることが可能となります。元金均等払いは毎月の返済額が、返済が進むにつれて減少していくものになります。お金を返す方法はそれぞれあるので、自分に合ったものを選んで上手に返すようにしましょう。