カードローンの在籍確認方法とは

カードローンの最低必須条件のひとつに一定の収入があることがあげられます。この一定の収入があることを証明するために行う方法が在籍確認です。在籍確認とは、カードローンの審査を行う時に、本当に記載された会社に勤めているのかを確認することです。一般的には勤務先に直接連絡をして、本当にその会社で勤務しているのかということを確認します。この在籍確認があることで、カードローンの利用を迷っている人もいるのではないでしょうか。カードローンの利用は決して悪いことではないのですが、やはり会社の上司や同僚には知られたくないという思いが強い人が多いでしょう。しかしこの在籍確認をしなくても、カードローンを利用できる方法があるのです。その方法とは3つのポイントを押さえておく必要があります。一つ目は給与明細もしくは社会保険証を用意しておくこと、二つ目は審査結果の電話を待つこと、三つ目が会社に電話をかけないでほしいことを伝えるということです。この方法をしっかりと押さえておくことで、簡単に在籍確認の電話をなしにすることができるのです。

カードローンの審査で在籍確認を行わなくても済ませるためには、勤務先の会社名はもちろんのこと、住所や連絡先などが記載された書類を用意することが最も効果的であるといえます。つまり在籍確認の電話を行わなくても、その会社に勤めているということが証明できればよいのです。その書類の中でも給与明細書と社会保険証には、会社名や住所などが記載されているので、会社への電話確認を省いてもらえるということです。しかしカードローン会社によっては、この方法を行えないところもあります。そのため、書類を提出する代わりに、電話をかけなくても融資を行ってくれるローン会社を探せばよいのです。そしてこれではまだ不十分です。審査結果の電話がかかってきた際に、自分の口で会社には連絡をしないでほしいということをはっきりと伝えるようにしましょう。